トップページ -雇用保険のアレコレ-

雇用保険について学ぶ

「雇用」。人が社会で生きていく上で避けようのないこの単語ですが、幼い頃から思い描いた夢を実現させるための職や、世に出て人の役に立ちたい、社員研修を受けて会社の戦力になりたい、という志のもと働く意志を持つ人にとっては単なる通過点に過ぎない単語だと思います。引きこもりやニートと行った働かない人達がたくさんいる今の世の中ですが、「働かざるもの食うべからず」という格言にあるように、働く意志を持たない者が現代社会を生き抜くのは至難の業です。さて、少しだけ話が大きくなりましたが、現実問題として"職に就く"ということは企業・事業側に"雇用"されるということであり、そこで初めて人は働く場所を得ることになります。社員研修を受ける場合もあるでしょう。他国に比べても社会福祉や雇用形態が充実している日本では、雇用契約を交わして働いてもらう事業側は雇用者が安心して働けるように様々な雇用待遇を用意しています。企業によっては週休二日であったり昇給制度やボーナスが充実している、社員研修制度もしっかりしているなど、一言「会社」と言ってもその内容には大小様々な違いが見られます。しかし、企業と個人が雇用契約を結ぶ場合、企業はその個人を雇う際に必ず雇用保険に加入させることになります。雇用保険は雇用契約を結んだ企業と個人との間で必ず交わされる”強制保険”なので、企業に勤める社会人が雇用保険に加入しないのは法律違反となります。雇用保険についてざっくばらんに説明すると、現時点において勤めている会社に勤めている期間、毎月給料から差っ引かれている雇用保険料を利用し、何らかの理由で会社を退社・退職することになったとして次の就職先が決定するまでの間の生活を支援するのが目的となっています。働いてお金を稼がないことには満足に働くことはできないので、次の職を探すまでの補償としての役割を持つ雇用保険は働く意思を持って就職活動(または転職活動?)に励む人にとっては大変ありがたい制度となっているのです。当サイトでは、現代社会の雇用に関する制度である雇用保険に関する情報を公開しています。社会に出て働くのであれば、よりよい雇用状態を保つためにも知っておかなくてはならない雇用保険制度についての知識を深めましょう。。

そもそも何故「雇用保険」なのか


転職や退職といったことを理由に職を失う場合、次の職が見つかるまでは必然的に”失業期間”を過ごすことになります。失業中は実質働いていない=給料がないということなので、退職・転職を目的としていても次の職が決まっていなければ路頭に迷うことになります。就職活動をするにしても、面接先への交通費や毎日の食事代、就職活動用の服の購入などでお金がかかるので、無計画の無一文では満足に就職活動すらできません。職に就いていない状態を便宜上「失業期間」と呼びますが、以前まで勤めていた会社の雇用保険をきちんと納めておけば、失業期間中は雇用保険が適用されることになるので失業手当が支払われます。ただ勘違いしないで欲しいのですが、失業期間中の人全てにもれなく支給されるわけではなく、あくまでも失業保険を受け取るに足る、と判断された人のみ失業手当を受け取ることができます。失業手当を受け取ることができる人かどうかはハローワーク(職業安定所)にて相談・審査を受けることで判断されます。雇用保険は言ってみれば一種の積立金であり、社会に出て働く人への最低限の支援として発足された制度です。しかし、雇用保険の制度に対して正しい認識を持ち、どれくらいの利用価値があるのかを把握しておかなければその恩恵を十分に感じることはできないでしょう。ただ単に、”雇用保険を払っているから手当ては確実にもらえる”という認識では、失業手当の支給要件を満たすことができなかったり、仮に手当てが支給されても金額が減ってしまう場合もあります。事業では労働者を雇う義務がありますが、事業に携わる方は雇用保険に加入することもまた義務づけられています。そのため、雇用保険について一切の知識を持たない、手続きについて知らい方でも企業に勤めている方であればほぼ間違いなく雇用保険に加入しているハズです。毎月の給料支給日には給料明細が配布されると思いますが、支給内訳の中に雇用保険の項目があるのが確認できるでしょう。この雇用保険の項目で毎月一定の金額が引かれていれば、その方は雇用保険に加入している、ということです。

雇用保険の給付条件

失業手当てなどの雇用保険による給付対象となる人は原則として、現時点で就職していない(事業と雇用契約を結んでいない)ことが前提条件としてあり、それでいて退職・辞職などで職を失った日から遡った2年の間に事業に雇用され、雇用保険に加入して毎月の雇用保険料を支払っていた(つまり雇用保険の被保険者)期間が通算で12ヶ月(一年)以上なければいけません。しかし、「人間万事塞翁が馬」という言葉にあるように、いつ何がおこるかわからない人生、やむを得ない理由で退職や辞職で職を失ったあとでもまだ働く意思を十分に持っていたとしても、実際に失業手当が支給されるのは申請から数ヶ月後のことなので、安定した収入を持たない人ですぐにでも失業手当を受けたいと考えている方は早めの準備が必要になる、ということを覚えておきましょう。

Favorite

オリジナルTシャツのプリント、激安作成なら【クラTジャパン】にお任せ下さい。プリントTシャツから無地パーカーまで!学園祭、イベント、さまざまなシーンで活躍します。全国の依頼に対応しております。お気軽にお問い合わせ下さい!

tシャツ

ギフトに最適な各種中国茶の販売

かわいいアイテムを多数ご用意!

ビジューピアス